本が好き

読んだ本をご紹介します

文庫本”精霊の守り人”は読み得です!!

f:id:mogo-mogo:20170430150730j:plain

こんにちは。モゴモゴです。

 

本を読むには少なくとも時間と、

たいていは買うお金が必要です。

読書が趣味じゃなーいという方には、

不要の支出だと思いますが、

ここは一つ騙されたと思って

僕の話を聞いて欲しい!!

 

時間、お金を考えても得られる喜びが

”プラス”の時間がきっと持てると思います。

 

今日紹介する本は

精霊の守り人”(上橋 菜穂子著、新潮文庫、2007年)です。

 

あらすじ

かいつまむと、

新ヨゴ皇国という昔の日本をモデルとした世界で、

女用心棒のバルサ

偉い人の配下の殺し屋や

化け物に狙われる皇子を護るという話です。

更にはこんな状況でやさぐれそうな皇子の

心も救っちゃうよって話です。

適当ですが大体あっていると思います。

 

読みどころ

個性的な登場人物

強いが秘めた優しさを持つ主人公の短槍使いバルサ

温和な呪術師見習いタンダ

逆境で大きく成長する皇子チャグム

情より世の安定を望む帝(みかど)や聖導師

権力の泥沼に自ら入り込んでいく星読み博士シュガ

 

登場人物は皆それぞれ何かを抱えていて、

それぞれ間違ってはいないんだけど、

立場が違うのでぶつかり合って、

その葛藤をぜひ読んで感じて欲しいです。

 

 

また、回想シーンにのみの登場ですが、

バルサの養い親のジグロからは、

強さと秘めた優しさを感じることができると思います。

 

僕の理想です。

 

 

ファンタジーなのにリアルな設定

 この作品では、

農村の閉鎖性、

自分と異なるものへの蔑視感情

情の通っていない政治的には正しい選択

が描かれています。

 

これを書かなくてもファンタジーは

成立すると思いますが、

丁寧に真正直に書くのが

上橋 菜穂子クオリティーです。

これにより物語がより深くなり、

作品に没頭して夜更かしすること請け合いです。

 

また、主人公のバルサ

絶対的に強いわけではなく、

奇襲や地形を上手く使って互角に戦ったり、

すぐ大けがを負ったりします。

それがまた人間臭くていいんですよね。

 

 

物語としての完成度

この作品がおもしろいのは、

一番は物語として完成度が高いと感じられるからだと

思います。

 

冒頭のゆったりとした皇子の御幸からの

突然のアクシデント、バルサへの難題・脱出行、

タンダ達との穏やかな日々からの・・・・・

と緩急がついた展開

 

民族伝承、宮廷政治、異界、農村の生活、バルサの想いといった

様々な要素が

ラストに向けて収束していきます。

 

圧倒的なコスパ

こんな読みどころ満載な作品が

なーーんと、たったの552円+税で

読めるなんて信じられません。

しかも、おもしろいから一気に読めるので、

時間的にもとってもお得です。

今なら中古本も出回っていますので

そちらを買ってもお得ですよ。

 

まとめ

文庫本”精霊の守り人”は、

キャラが立っていて

ファンタジーなのにリアルで

完成度の高いストーリーにあるにも関わらず

たったの552円+税で読める、

読み得な本ですよっ。